建物登記とは…

建物登記

建物の物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きの事を言います。

建物表題登記とは簡単に言うと建物を建てて一番最初にしなければならない登記です。建物を新築した時、例えばマイホームを建てられたりする時に必要となる登記です。この登記をすることによって、今まで無かった対象不動産の登記簿が初めて作成されます。

建物表題登記とは、登記されていない建物について初めて登記簿の表題部を新設し物理的状況(所在・種類・構造・床面積および所有者の住所・氏名)を明らかにする登記です。
登記簿の表題部とは登記簿の頭にくるもので、どの不動産なのかを特定し今後される登記の元になるものです。この登記がされなければこの先どの様な登記も出来ません。この建物表題登記は建物が完成してから1カ月以内に申請しなければなりません。

ここでは、代表的な建物登記について、説明していきます。

建物登記の種類

建物表題登記

土地表題登記
  • 建物を新築した、未登記の建物を購入したときにする登記。

建物滅失登記

建物滅失登記
  • 取壊しや火災により建物がなくなったときにする登記。

建物表題変更登記

建物表題変更登記
  • 建物を増築したときなど、既存建物の面積や種類が変更したときにする登記。

建物分割・合併登記

建物分割・合併登記
  • 登記簿上1つの建物を2つ以上にする登記。(分割登記)またはその逆のことをする登記(合併登記)